リビング

民泊の定義

赤いソファ

新聞やテレビで、「民泊」という言葉を見聞きしたことがおありですか。では民泊登録とは、どういうビジネスなのでしょうか。旅館業とはどんな関係がありますか。民泊の定義について、ここで確認しておきましょう。
まず、旅館業の意味ですが、「宿泊料を受けて、人を宿泊させる」ことです。一般に、寝具の賃貸料やクリーニング代、水道光熱費などは、部屋の使用料つまり宿泊料となります。また、旅館業は「営業行為」です。たとえ宿泊料をもらったとしても、友人を1回泊めたというだけのことであれば、営業とはなりません。繰り返し、不特定多数の人に対して宿泊料を取って宿泊施設を提供することが、旅館業の定義です。
では、民泊とは何でしょうか。民泊とはもともと、「民家に泊まる」という意味ですが、最近よく聞く民泊はさらに多くの意味合いを含んでいます。つまり、自宅の一部や個人の所有する空き部屋を宿泊施設として利用して、営業を行なうということです。今では、新たに「民泊新法」を制定して、国全体で民泊ビジネスを管理しつつも、推進する動きになっています。
それで、この新たなビジネス分野である民泊が、今注目されています。これから益々発展していく動きですので、今後に期待できますね。

UPDATE LIST

赤いソファ

民泊の定義

新聞やテレビで、「民泊」という言葉を見聞きしたことがお…

Read More
木の椅子

マンションは民泊で使えない無い理由

民泊ビジネスとは、基本的には空き家を活用して宿泊施設を…

Read More
シンプルな部屋

民泊ビジネスでの価格の設定の方法

民泊ビジネスに関わってみたい、特に空き部屋を活用して収…

Read More
素敵なキッチン

思い出を泊まり先で作りたいなら

今から旅行をしようと思っている方、泊まる場所はもう見つ…

Read More